羨まし過ぎる信用取引の成功談3選

私は実際にこうして信用取引で儲けました!

信用取引は上手く活用すれば大きな利益を得ることができる、大変有用な株取引です。私の場合は当初、株主優待をタダ取りするために活用していました。現物買いと空売りを同時に行って株の損利を相殺して優待のみを得る手法ですが、これによりLCC航空会社などが盛んでなかった頃、航空会社の株主優待を取りまくり、年間30万円近くの航空費を節約していました。
また勤務している会社の株を保有していますが、昨今の円安によって保有している分だけで取得時から数百万円分株価が上昇しました。そのため信用取引で勤務する会社の株を別途空売りを活用し、その上昇分の利益を確定しておきました。これで会社を退職して株を処分しても、上昇した分を丸々利益として懐に入れることが可能となり、退職金+αのお金を手にできるようになりました!

知人には信用取引でとんでもなく儲けた人も…

さらに私の知人には、信用取引でとんでもない利益を得た人もいます。まず保有する銘柄が堅調で元々儲けが出ていたらしいのですが、更なる株価上昇が見込めたために信用取引で資金を証券会社から借り、現物株の買い増しを行いました。しかし、取引規模拡大に比例してリスクコントロールも厳密に行わなければならないため、同時に空売りも行って買い増し分の損失補填を行っていました。
その後株価が高止まりしたため信用買いした株を売却して利益確定すると、その直後に経済状況が悪化して日経平均株価がみるみる下落し、保有していた銘柄の株価も下落に転じたそうです。「もしかしたら…」と思って損失補填のための空売り分を保有しておいた所、そちらでも大きな利益が出るほど株価が下落したようで、結局同一銘柄の信用買い・空売り双方で数千万円もの利益が出たらしく、大変羨ましい限りでした。