初心者必見!信用取引入門

信用取引口座を開設しよう

信用取引をおこなうには「信用取引口座」を開設しなければいけません。口座維持手数料や特典が証券会社によって違いますので、証券会社選びに迷う方は、比較サイトなどを事前に確認することをお勧めします。
信用口座の開設には、証券会社に総合口座を作る必要があります。証券会社から口座開設の資料を請求しましょう。口座開設には身分証明等が必要になります。事前に確認し準備をしておくと、スムーズに書類の提出ができます。口座開設が完了したら、信用口座の開設の手続きを進めましょう。信用口座の「信用」は文字通り、証券会社の信用関係を表します。信用に対する基準は、証券会社によって変わりますが、株取引に関する知識や経験、資産や電話での質問に対する受け答えなどがあります。

信用取引は普通の取引と何が違うの?

現物の取引では、口座に入金されている資金以上の取引はできません。しかし、信用取引では口座に入金されている資金を担保に、約3倍の取引をすることができます。3倍の取引をおこなえるので、リターンもその分大きくなります。
信用取引は「売り」から取引を始められます。長期に渡り下げ相場が予想される場面では、「買い」だけで利益を増やすのは難しいです。下げ相場では信用売りをすることで、利益を手に入れるチャンスがあります。信用取引で注意しなければいけないポイントが2点あります。信用取引には期間があります、一定の期間が過ぎると決済をしなければいけないので、期間をしっかり確認しましょう。証券会社からお金を借りている状態なので、金利が発生します。

信用取引の保証金は、各証券会社や金融機関などで異なるので、事前に確認をしておくことが大事になります。